​岐阜県HACCP

岐阜県HACCP導入施設認定日 平成28年12月26日

岐阜県下の製麺工場で初となる、岐阜県HACCP導入施設認定を

受けました 。(岐阜県庁にて認定書の交付)

岐阜県HACCPとは
​岐阜県が定める基準を満たす衛生管理を実施している施設を認定し、食品営業者がHACCPに基づき衛生管理をしていることを積極的に評価する制度です。
HACCP(Hazard Analysis and Critical Control Point)
​この手法は、原材料の入荷・受入から製造工程、さらには製品の出荷までのあらゆる工程において発生する恐れのある生物的、科学的、物理的危害要因をあらかじめ分析(危害分析)します。製造工程のどの段階でどの様な対策を講じれば危害要因を管理できるかを検討し、その工程(重要管理点)を定めます。そしてこの重要管理点に対する管理基準や基準の測定方法を定め、測定した値を記録します。これを継続的に実施することで製品の安全を確保する科学的な衛生管理の方法です。(岐阜県ホームページより引用)